引っ越しするときにゴミを減らす

アメリカで引っ越しをすることになったので、家具のいくつかを処分しなければなりませんでした。そこで、アパートのランドリールームの掲示板に家具を売りますということを張り出させてもらうことにしました。

家具のリサイクルです。家具の写真を撮って、説明文を書いて、希望の売値を書いて、部屋番号を書いておきました。その掲示板を見た人が家具を見に、やってきました。一つはダイニングテーブルで、一枚板でとてもいいものでした。

それは、すぐに買い手がついて、持って行ってもらいました。同じアパート内なので、運ぶのも簡単なので、便利でした。それから、ガラスの扉がついた本棚とCDラックを売りに出していました。

こちらも、割と早い時期に見に来る人が何人かいて、引っ越しの日程もありましたので、早く売りたくて、値を下げてもいいと思い、値下げをして買取ってもらいました。後はベッドでベッドは引っ越し前日までは使うので、それでもいいと言う人に譲りました。

岡山 ゴミ

歯科嫌いを克服した

子供のころから歯科が苦手な私です。歯科といえば、痛い、怖いって思い出しかありません。本当にすごく痛かったので恐怖心ばかりでしたね。だからずっと歯磨きをして大人になっても絶対に虫歯も作らず、歯科だけには行ったことありませんでした。

ところが大人になってから親知らずが生えてきて虫歯になってしまいました。歯科のトラウマがありますので、ずっと痛いのをがまんしていましたが、とうとう顔が腫れるほど悪化し、仕方なく予約をし大嫌いな歯科に何十年ぶりにいったのです。

ところが最新の歯科は昔と全然違っていました。結局親知らずは抜いたのですが、まったく痛みもなく先生も親切で、すごく好感がもてましたね。きれいな病院で、今は歯周病予防のためルンルンで通っています。

あんなに嫌いだった歯科なのに、歯の健康のために美容のために通っているなんて信じられませんね。でも通って良かったです。歯石なども綺麗にしてもらえるし、80歳まで自分の歯で噛みたいですからね。

歯医者 歯科医院 / 小平市 国分寺市 鷹の台駅 / YSデンタルクリニック

人気の動物病院

いろんなサービス展開で顧客獲得に頑張ってるのはどこの業種も同じですけど、実は動物病院も頑張ってるようです。接客を担当する受付スタッフは異業種のサービス業から接客を学び、医療スタッフは定期的な研修で最新テクニックを学びます。

病院は常に清潔で明るく、いごこちのよさをアピールします。営業時間の延長もして、病院によっては24時間営業をしてるところもあります。ホームページを作って、メールでの相談にものってくれる病院もあり、最近の動物病院は努力してるんだなって感動すらしました。

昔の動物病院はぶっきらぼうな中年の獣医さんがどーんと威張ってましたけど今、そんな態度の先生はいません。動物病院の数も増加し、病院側も経営努力をしなければ生き残れない時代になってしまってるんです。

ただし、ひとつ考えてほしいのは、病院のサービスも選択の基準になるのかもしれませんが、大事なのは対応してくれる看護師さんや獣医さんのペットに対する接し方だと思います。どんなに設備が整ってなくても、かわいいペットを大事にしてくれる病院を選びたいですよね。

動物病院 / 板橋区 東武練馬 / ノブ動物病院

おばあがインプラント

私のおばあちゃんは、とってもオシャレ。「おばあちゃんなんて呼ばせないわよ」の言葉どおり、髪型も若々しいし、洋服もセンスがいい。ただひとつの問題点を除いては。その問題点というのは、おばあちゃんの歯。

歯周病にかかってしまったとかで、歯のほとんどがないんです。だから、おばあちゃんの歯は総入れ歯なんです。口を閉じていれば、とっても若いおばあちゃんだけど、口を開けると入れ歯だからどうしても歯が浮いてしまうし、見る場所によってはワイヤーが見えちゃう。

おばあちゃんも、それが嫌だったみたい。だんだん口を開けて笑わなくなっちゃった。そんなときに出会ったのがインプラント。インプラントは入れ歯と違って歯根から作っちゃうんです。歯茎を切り開いて、顎の骨にインプラントの土台を取り付けて、骨としっかり結合したあとに人工歯を取り付けます。

歯根から作るから、インプラントは入れ歯みたいに不自然に浮いたりしないし、もちろんワイヤーもない。本当の歯と変わりない見た目になるんです。おばあちゃんも、インプラントにしてますます若返ったみたい。

今では友だちに「インプラントってすごくいいのよ」ってすすめてるみたい。おばあちゃんに笑顔がもどって良かった。

http://www.ysd-implant-center.com/